公園利用 千波公園

千波公園

 市民の憩いのオアシスとして親しまれている千波公園は,市街地の中央にあって千波湖とその周辺の緑地からなり,偕楽園とともに水戸市を代表する公園です。
 湖には,白鳥,黒鳥や多くの種類の野鳥が生息しており,1周3 kmの湖畔園路では,さくら並木の下を多くの市民たちが毎日ウォーキングやジョギングを楽しんでいます。
 貸しボートやレンタサイクルも有料で利用でき,休日ともなれば黄門像広場の好文cafeや親水デッキ,児童広場,少年の森でのフィールドアスレチックに訪れる利用者で賑わいます。また,新たに千波湖内に大小3基の噴水が整備されたことにより新たな観光・デートスポットとなっています。千波湖では,指定された区域で釣りも楽しめます。

千波公園 写真ギャラリー

写真をクリックすると拡大表示されます。

詳細情報・アクセス

管理面積 67.48ha
所在地 千波町
アクセス ≪電車・バス利用の方≫
JR水戸駅北口バスターミナル6番(千波経由バス)に乗車し、【千波湖】下車
≪車利用の方≫
常磐自動車道・水戸インターから約20分,水戸北インターから約20分
北関東自動車道・水戸南インターから約15分
*大型バスは千波湖西側駐車場(有料)へ